ごあいさつ・運営方針

 

園長挨拶

園長挨拶
 
太陽保育園は、平成17年4月に社会福祉法人 宮之城ひまわり会 太陽保育園 として設立されました。乳幼児のこの時期に子どもたちが身に着けなければならない精神的・身体的な成長は、ほとんどを遊びの中で獲得していきます。それらは、運動・巧緻性・体力・感情・興味・自分・他人の認識等であり、将来的に非常に重要な社会資質となる基礎部分だと考えます。自ら体を動かし、体験し経験を獲得していくことを保育の「真ん中」に考えている保育園です。
 

園の様子

園の様子
 
園の写真
 
消防車がやってきた
 
運動会 太鼓
 

太陽保育園 運営方針

太陽保育園 運営方針
 
1.保育の理念

太陽保育園は、児童福祉法に基づき、保育に欠ける乳幼児の保育をおこなう、保育に当たっては、一人ひとりの子どもの最善の利益を第一として、養護と教育が一体となった保育を通し、子どもが心身ともに健康、安全で情緒の安定をはかれる環境を設定し、生きる喜びと力を育み、その福祉を積極的に増進する、そして社会参加し貢献している保護者とより良い関係を築き健やかな育ちを支える。

さらに、地域の人々や関係機関とともに地域の子育て支援とその環境作りに寄与する。

 
2.保育の基本方針
1、十分に養護の行き届いた環境のもとに、くつろいだ環境の中で子どもの様々な要求を
  適切にみたし、生命の保持および安定を図る。
2、人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てる
  とともに、自主協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。
3、生活の中で、様々な体験を通して豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培うこと。
 
 
3.保育目標
1、生命の保持と情緒の安定を図り,強く元気な体を育てる。
2、優しく思いやりがあり、親切で助け合う心を育てる。
3、基本的な生活習慣を育てる。
4、考える力を育む。
 
 
 
4.保育環境の充実

1)清潔できちんと整理された保育園。

2)花いっぱい緑いっぱいの保育園。

3)明るくたのしい保育園。

4)地域社会の「ほこり」として信頼される保育園。

 
5.職員の努力目標
・一人ひとりの子どもを大事にし、保護者と地域社会に信頼される職員。
・心身の健康に留意し、励ましあい協力していく職員。
・研修に努め、使命感と職責感のある職員。
 
社会福祉法人宮之城ひまわり会
〒895-1803
鹿児島県薩摩郡さつま町
宮之城屋地2115番地
TEL:0996-52-3023
FAX:0996-52-3023
------------------------------------
 
002788
<<社会福祉法人宮之城ひまわり会>> 〒895-1803 鹿児島県薩摩郡さつま町宮之城屋地2115番地 TEL:0996-52-3023 FAX:0996-52-3023